旧端末が壊れた時のLINEの引き継ぎ方法

家族や友人との連絡だけでなく、
最近は会社や取引先との連絡方法としても「LINE」が使われることがあります。

LINEでは、1つのアカウントに複数の端末からログインできるようになっていたり、
メールアドレス登録やFacebookとの連携などでデータがバックアップできるように
なっています。

水没や落下による故障などでスマホが使えなくなった場合でも、
予め対策を講じておくことで新しいスマホへLINEのデータを移行させることができます。

しかし水没や落下による故障は突発的に発生するので、メールアドレス登録などの
対策を講じる前にスマホが使えなくなってしまうこともあります。

私は実際に何の対策も講じていない状態でスマホが故障した経験があるので、
その経験を基に壊れたスマホから新しいスマホへのLINEデータの引き継ぎ方法などを
詳しく紹介しますね。

壊れたスマホからLINEデータを引き継ぐには

メールアドレス登録など必要な対策を講じる前にスマホが壊れてしまっても、
LINEのデータを新しいスマホに引き継ぐことは可能です。

必要な対策を講じていないと壊れたスマホからLINEのデータを引き継ぐのって
結構面倒なんですが、もっとも簡単な方法は壊れたスマホを修理することです。

スマホからLINEアプリを削除すると、「トーク」はもちろん「友だちリスト」や
「課金アイテム」などLINEのデータは全て消えてしまいます。

なので機種変更の際にはメールアドレス登録などの対策を講じておく必要が
あるわけですが、同じスマホであればLINEアプリを再インストールすれば
簡単にLINEのデータを復旧させることができます。

壊れたスマホを修理に出して初期化されて手元に戻ってきたら、LINEアプリを
再インストールして起動させて「ログイン」→「登録していない場合」へと進みます。

後は画面の指示に従って電話番号認証を行うことで、LINEアカウントが復活して、
削除前のLINEのデータを復旧させることができますよ。

ただしスマホの状態によっては修理できないこともありますし、修理が完了するまでに
時間がかかる場合はLINEが使えない期間も長くなってしまいます。

また、
スマホの修理に高額な費用がかかる場合はこの方法はあまりオススメできませんね。

LINEに問い合わせる

LINEのデータ引き継ぎに必要な対策を講じていない状態でスマホが壊れた場合、
買い替えた新しいスマホでLINEに問い合わせるとLINEアカウントを復活させることが
できます。

機種変更で古いスマホから新しいスマホにLINEアカウントを引き継ぐ場合には、
通常古いスマホの方で認証コードを発行するなどの手続きが必要です。

しかしスマホが壊れて使えないと認証コード発行などの引き継ぎ手続きが
できませんから、買い替えた新しいスマホでLINEに問い合わせるわけです。

LINEの問い合わせは本来不具合などを報告するところなんですが、
前のスマホが壊れたためLINEアカウントの引き継ぎができずに困っている旨を
記入して送信します。

そうするとLINEのサポートから返信があって、何度かメールのやり取りをすると、
一時的に認証コードなどを使わずにLINEアカウントの引き継ぎができるように
してくれるんです。

ただし、この方法でLINEアカウントは引き継げるんですが、
バックアップを取っていないトーク履歴は復旧できないので注意してください。

私の友人がスマホを壊した時にネットでこの情報を見つけて、
実際にこの方法でLINEアカウントの引き継ぎを行ったことがあります。

友人の話では、問い合わせを送信した数時間後にLINEサポートから返信があり、
返信内容もテンプレ的なものじゃなくて何をすべきかの指示が丁寧に書かれてた
そうです。

スマホが壊れてもLINEアカウントが簡単に引き継げるようにするには

壊れたスマホを修理したり、LINEサポートに問い合わせることで、
事前に引き継ぎに必要な準備していなくても壊れたスマホから新しいスマホへ
LINEアカウントを引き継ぐことはできます。

しかしまたスマホが壊れてしまった時やスマホを機種変更する時のことを考えると、
スムーズにLINEアカウントが引き継げるように準備しておいた方が良いですよ。

壊れたスマホから新しいスマホにスムーズにLINEアカウントを引き継ぐ準備としては
 ・電話番号、メールアドレス、パスワードの登録
 ・Facebookとの連携
の2つの方法があります。

どちらの方法でも新しいスマホにLINEアカウントの引き継ぐのは簡単なんですが、
認証番号を必要としないFacebookとの連携の方がより簡単です。

日本ではFacebookよりもTwitterの方が主流ですが、
Facebookアカウントを持っているならFacebookと連携させておくと良いでしょう。

ちなみに、私はLINEに電話番号やメールアドレスも登録していますし、
LINEとFacebookとの連携もしています。

ただ以前にスマホを機種変更した時には、
LINEアカウントの引き継ぎにはFacebookを使いました。

電話番号やメールアドレスを登録する

スマホが壊れた時や機種変更の際にLINEアカウントを引き継ぐ準備として、
電話番号やメールアドレスを登録する方法を紹介します。

まず古いスマホでLINEを起動して、画面左下の「ホーム」タブをタップして、
画面右上にある「設定」の歯車のアイコンをタップします。

設定画面が開いたら「アカウント」に進み、アカウント画面内にある電話番号・
メールアドレス・パスワードの項目をそれぞれ選択して登録すれば終了です。

LINEを初めて使った時に電話番号の認証を受けていると電話番号は
登録されているので、メールアドレスとパスワードを登録するだけでOKです。

ただし、iPhoneからAndroidスマホのように違うOSのスマホに機種変更する場合の
ことを想定して、機種変更後も利用できるメールアドレスを登録しておきましょう。

私は最初、メールアドレスやパスワードの登録って面倒そうなので、
LINEはFacebookと連携させているだけでした。

でも後で念のためにメールアドレスとパスワードも登録しておこうと思ってやってみたら、
ものすごく簡単だったので、これなら最初にやっておくべきだったと少し後悔しました。
(別にLINEを使う上で支障はなかったが)

Facebookとの連携

メールアドレスやパスワードを登録するのも簡単ですが、
LINEとFacebookのアカウントを連携させるのはもっと簡単です。

古いスマホでLINEを起動して「ホーム」→「設定」→「アカウント」と進んで、
「Facebook」の項目にある「連携する」というボタンをタップします。

そうするとFacebookのログイン画面が表示されるので、FacebookのIDと
パスワード入力してログインすればLINEとFacebookのアカウントが連携されます。

LINEの「アカウント」画面に戻って、「Facebook」の項目が「連携解除」に
変わっていれば正常にLINEとFacebookが連携しています。

Twitterはユーザー名がニックネームですがFacebookは実名なので、
他のアカウントとの連携ではTwitterよりもFacebookが使われることが多かったりします。

LINEとの連携のためだけに作る必要はないものの、
Facebookアカウントを持っておくと他のアカウントの引き継ぎの際に便利ですよ。

トーク履歴のバックアップ

機種変更などで別のスマホへLINEアカウントを引き継ぐ場合、
トーク履歴だけはバックアップを取っておかないと引き継ぎされません。

LINEのトーク履歴のバックアップを取るにはGoogleアカウントが必要になるので、
持っていない場合はまずGoogleアカウントを作っておきましょう。

古いスマホでLINEを起動して「ホーム」→「設定」→「トーク」→「トーク履歴の
バックアップ・復元」へ進み「Googleアカウント」を選択します。

そうするとGoogleアカウントのログイン画面が表示されるので、
GoogleアカウントのID・パスワードを入力してGoogleアカウントにログインします。

Googleアカウントにログインして「Googleドライブにバックアップする」を選択すれば、
LINEのトーク履歴のバックアップができます。

ただしiPhoneからAndroidスマホのように違うOSのスマホへの引き継ぎでは、
バックアップしていてもトーク履歴だけは引き継ぎができません。

トークを個別にテキストとして保存することや特定のメッセージ・画像をLINEKeepに
保存することはできます。

私は別にLINEのトーク履歴が消えてしまっても構わないんですが、友人や恋人、
仕事関係で残しておきたい・残しておかないといけないトークがあるならバックアップを
取っておきましょう。

新しいスマホへのLINEアカウントの引き継ぎ

古いスマホでLINEアカウントを引き継ぐために必要な準備を行っていて、
新しいスマホへLINEアカウントを引き継ぐ方法を紹介します。

まず古いスマホでLINEを起動して「ホーム」→「設定」へ進み「アカウント引き継ぎ」を
選択して「アカウントを引き継ぐ」のタブをONに切り替えます。

ちなみに「アカウントを引き継ぐ」のタブをONにすると、
残り時間36時間のカウントダウンが始まります。

これは36時間以内に新しいスマホにアカウントを引き継ぐ作業を行うことを
促すものですが、残り時間がゼロになったからと言って引き継ぎができなくなったり
アカウントが消えたりすることはありません。
(再度タブをONにすれば引き継ぎ可能)

次に新しいスマホでLINEを起動して「はじめる」をタップ、
新しいスマホの電話番号を入力して画面右下の「→」をタップして認証画面に移ります。

そうすると新しいスマホのSMSにLINEから6桁の認証番号が送られてくるので、
それをLINEの認証画面に入力すると「おかえりなさい、○○!」という画面が
表示されます。

新しいスマホの電話番号が古いスマホと同じ場合は「はい、私のアカウントです」を
タップして古いスマホで登録したパスワードを入力、後は画面に指示に従って進めれば
引き継ぎが完了します。

私はFacebookとの連携でしかLINEの引き継ぎを行ったことはありませんが、
こちらの方法で実際にLINEの引き継ぎを行ったことがある友人に聞くと、
そんなに面倒じゃないとのことでしたね。

新しいスマホの電話番号が古いスマホとは違う場合

新しいスマホの電話番号が古いスマホと違う場合には、認証番号を入力すると
「アカウントを引き継ぎますか?」と表示されるので「アカウントを引き継ぐ」を選択します。

次の「ログイン方法の選択」の画面で、古いスマホの電話番号か古いスマホで
登録したメールアドレスのどちらかを選択して、電話番号かメールアドレスを入力します。

さらに古いスマホで登録したパスワードを入力すると、
「○○としてログイン」という画面に切り替わって、LINEで使っているアイコンと
○○の部分に自分のユーザー名が表示されたら「ログイン」をタップします。

新しいスマホでアカウントにログインした時点で、古いスマホのアカウントは削除されて、
古いスマホに保存されているデータは全て消えてしまいます。
(新しいスマホに移される)

後は「友だち追加設定」や「トーク履歴の復元」など画面の指示に従って進めればOK、
新しいスマホで以前と同じようにLINEが使えるようになります。

私はこちらの方法でもアカウントを引き継いだことはありませんが、
少し手順が増えているだけで特に難しいといった感じではないですね。

Facebookと連携している場合

Facebookとの連携を使ってLINEアカウントの引き継ぎを行う場合も、
まず古いスマホで「アカウントを引き継ぐ」のタブをONにしておきます。

次に新しいスマホでLINEを起動して「はじめる」をタップして、「この端末の電話番号を
入力」の画面で左下にある「Facebookログイン」をタップします。

画面が切り替わったら「Facebookログイン」のボタンをタップして、
FacebookのIDとパスワードを入力してFacebookにログインします。

そうすると「○○としてログイン」という画面に切り替わり、LINEで使っているアイコンと
○○の部分に自分のユーザー名が表示されたら「ログイン」をタップします。

ログインをタップした時点で、古いスマホのLINEアカウントは削除、
古いスマホに保存されているLINEのデータは全て消えます。

後は「トーク履歴の復元」など画面の指示に従って進めればOKです。

Facebookとの連携ではスマホの電話番号は不要ですし、
SMSで認証番号を受け取る必要もありません。

ですからFacebookと連携しておくと、電話番号の無いスマホやSMSが使えない
スマホへもLINEアカウントを引き継ぐことができます。

私はこのFacebookとの連携でLINEアカウントの引き継ぎを行いましたが、
FacebookのIDとパスワードを入力するだけなのでかなり簡単ですよ。

まとめ

 ・壊れたスマホから新しいスマホに必要な準備を講じてなくてもLINEは引き継げる
 ・壊れたスマホを修理すれば電話番号認証のみでLINEアカウント復活
 ・LINEサポートに問い合わせると一時的に引き継げるようにしてくれる
 ・LINEアカウントを簡単に引き継ぐには
  ・電話番号、メールアドレス、パスワードを登録しておく
  ・Facebookと連携させておく