中学生の子供のスマホ利用に時間制限を設けたい

中学生の頃に「TVゲームのしすぎ」を注意された私のような40代の親世代が
頭を悩ませているのが、子供のスマホ利用ですよね。

小学生ならまだ親の言うことを素直に聞いてくれますが、
中学生だと思春期真っ只中でスマホの利用時間を親が制限するのは難しくなります。

とは言え、将来スマホを手放せなくなる「スマホ依存」になっても困りますから、
中学生の子供のスマホ利用時間を親が制限したいところです。

そこで中学生の子供のスマホ利用時間を親が制限する方法などについて、
詳しく見ていきましょう。

中学生のスマホ利用時間を制限するには

親が中学生の子供のスマホ利用時間を制限する方法は
 ・スマホを預かる
 ・スマホキャリアの制限サービスを利用する
 ・スマホ利用を制限するアプリを使う
などがあります。

子供のスマホ利用を制限するには、必要な時以外は親がスマホを預かり、
物理的に子供にスマホを使わせないというのが一番確実です。

しかし親にスマホを預けるのは子供からすると「スマホを取り上げられる」
といった感覚であり、思春期真っ只中の中学生だと親に対する反感に繋がってしまい
かねません。

キャリアの制限サービスやすまほりようを制限するアプリを使えば、
子供にスマホを持たせたままで利用時間だけ制限することが可能です。

ただ子供はどういったサービスやアプリを使って制限しているのかが分かると、
その制限を解除する方法をそれこそスマホで探して見つけてしまいます。

ですから親はアプリなどを使って子供のスマホ利用を制限しているつもりでも、
子供は制限を解除して好きなだけスマホを使うってことになるかもしれないんですね。

スマホを預かるならしっかりとルールを決める

子供の反感に繋がる可能性があるとは言っても、やはり中学生のスマホ利用時間を
制限するには親がスマホを預かるのが一番有効です。

ただ「スマホを使い過ぎるから」と言って無暗にスマホを取り上げると、
親に対する反抗心を強くしてしまいます。

そこで中学生の子供のスマホを親が預かる際には、
しっかりとルールを決めておくと良いですよ。

まずスマホを使い過ぎるとダメな理由を子供に説明して、
その上でスマホ利用のルールを決めていきます。

スマホ利用のルールとして、「休日は一切スマホを使わない」など子供が
到底守れないような項目を加えると長続きしません。

できるだけ「子供が少し頑張れば達成できる」ぐらいの項目に留めおいてあげましょう。
(易しすぎてもダメなのでさじ加減が難しい)

子供を納得させられないといけませんから、事前に親御さんはスマホを使い過ぎると
ダメな理由をしっかり勉強しておかないといけませんね。

スマホ利用のルールは家庭やスマホの利用状況によって変わってきますが、
具体的な例をいくつか紹介しておきましょう。

スマホを預かる際のルールの例

スマホを預かる際に決めるルールの例としては、
まず「スマホは親の物である」ということです。

中学生の場合、基本的に自分のお金でスマホの端末代や利用料金を払うことは
難しいですから、親に払ってもらっています。

親が子供にスマホを「貸してあげている」も同然なんですから、
必要な時以外は「親に返す」のが当たり前だと決めておくわけです。

次に「SNSはLINEのみ」で、TwitterやInstagramなどはできれば使わせない、
少なくとも第三者にやり取りが見えないダイレクトメッセージは使わせないことです。

TwitterやInstagramは面識もなく連絡先も知らない人とも繋がれてしまいますし、
実際にSNSを通して中高生がトラブルに巻き込まれるニュースも見聞きします。

またスマホのアプリゲームを通じて知り合ってSNSに誘導されることもあるので、
SNSを使わせないようにすることで子供がトラブルに巻き込まれる危険性を減らせます。

それから「スマホが使えるのはリビングのみ」にすることです。

自分の部屋にスマホを持ち込まれると、親の目が行き届かないので
利用時間も増えますしトラブルに巻き込まれる恐れもあります。

リビングであれば常に親の目が気になりますから、
トラブルに巻き込まれるような使い方はしませんし、利用時間も自然と短くなります。

さらに子供がルールを破った場合には「○日間スマホを取り上げる」
「スマホを解約する」といったように、罰則も決めておくと良いですよ。

スマホ利用に関するルールの決め方が分からないなら

いくつか具体例を上げましたが、子供のスマホ利用についてどのようなルールを
決めたら良いかよく分からないこともあると思います。

スマホ利用についてのルールを決めるのに参考になるものの1つとして、
「スマホ18の約束」というものがあります。

これはアメリカのあるブロガーが子供にスマホを持たせる際に決めた家族間ルールで、
シンプルで子供にも分かりやすい内容となっています。

ネットで検索すると日本語訳したものが出てきますが、
語順などが日本語として若干おかしい部分もあります。

なので子供のスマホ利用についてのルールの参考にする場合は、
子供に分かりやすい文章にしてあげましょう。

また文化的な違いなどもあるので、親御さんが一読してから自分たち親子に
必要と思われる項目だけ参考にすると良いと思います。

スマホ18の約束以外にも、
 ・ドコモのスマホ利用の心構え10か条
 ・auのスマホ・ケータイファミリーガイド
 ・ソフトバンクの親子で作るスマホルールリスト
といったようにスマホキャリアでもスマホ利用のルール作りの参考となるものを
公開しています。

ルールを書面に残して厳格に運用する

子供と話し合って決めたスマホ利用に関するルールは書面に残しておいて、
ルールは厳格に運用しましょう。

「大袈裟」と思うかもしれませんが、
口約束では「言った言わない」の水掛け論になってしまいます。

また親・子供ともに決めたルールを一部忘れてしまうこともあるので、
ルールは書面に残しておいた方が良いわけです。

ちなみに私には中学生の子供は居ませんが、
妻との間の決め事は書面にしてお互い1通ずつ持っています。
(大した内容じゃない)

妻と揉めそうになっても、決め事の書面があることで責任の所在がハッキリするので、
大きな夫婦喧嘩には発展することが少ないです。

さらに子供がルールを破った場合には「大目に見る」といったことはせずに、
事前に決めた罰則を厳格に実行しましょう。

そうすることで、「ルールを破るとスマホが使えなくなる」という意識を
子供に植えつけられ、スマホの利用時間を抑制することができるわけです。

スマホキャリアの制限サービスを利用する

主要なスマホキャリアにはそれぞれ
 ・ドコモ・・・アクセス制限サービス
 ・au・・・あんしんフィルターfor au
 ・ソフトバンク・・・あんしんフィルター
といったスマホの利用が制限できるサービスがあります。(いずれも無料)

ドコモの「アクセス制限サービス」は、20歳未満の契約者には標準サービスとなっており、
契約時に親権者が不要と申し出なければ利用できます。
(契約者が親でも利用者が中学生だとアクセス制限サービスは標準サービス)

auの「あんしんフィルターfor au」も申し込み不要の標準サービスですが、
ソフトバンクの「あんしんフィルター」のみ別途申し込みが必要です。

子供がいつどういったことにスマホを使っているかや、
今子供がどこに居るかなどが確認できます。

またインターネット利用時に閲覧できるサイトやアプリの利用を制限したり、
○時から○時まで使えなくするといったようにスマホ利用時間の制限も可能です。

子供が勝手に制限を解除しないように注意が必要

スマホキャリアの制限サービスでは、
親のスマホで遠隔操作して子供のスマホに利用制限をかけることになります。

子供のスマホから制限を解除することはできないんですが、
親のスマホを使うと子供のスマホの利用制限が解除できてしまいます。

なので子供がスマホを思う存分使いたいがために、親が居ない隙に
親のスマホを使って自分のスマホの利用制限を解除しないとも限らないわけです。

個別に利用できるサイトやアプリの範囲を広げることもできるので、
親は子供のスマホの利用制限が緩くなっていることに気付きにくかったりするんです。

親のスマホを親の居ない所で子供に使わせないようにするのはもちろん、
定期的に制限の内容をチェックしないといけませんよ。

スマホ利用を制限するアプリを使う

親子でiPhoneを使っている場合は、
 ・スクリーンタイム
 ・ペアレンタルコントロール
といったアプリを使うことで、子供のスマホ利用を制限することができます。

スマホキャリアの制限サービスのように全体に網を掛けるのではなく、
アプリごとに利用時間を設定できるようになっています。

なので、LINEなど必要なアプリは少し長めの時間使えるようにしてあげて、
ゲームやSNSなど必要性の低いアプリは短い時間しか使えないようにする
といったことも可能なんですね。

もちろんiPhone全体の利用時間を制限することもできますし、
1日のアプリごとの利用時間やiPhoneを持ち上げた回数も確認できます。

スクリーンタイムやペアレンタルコントロールを使う場合には、
必ずパスコードを設定しておきましょう。

パスコードを設定していないと、
スマホやアプリの利用制限が簡単に解除できてしまいます。

必ず親がパスコードを設定して子供には伝えないようにしておき、
さらに定期的に変更して子供がパスコードを解読できないようにしておくと良いですよ。

ただAndroidスマホにはスクリーンタイムのようなアプリはプリインストールされて
いないので、別途スマホ利用を制限できるアプリをインストールする必要があります。

格安SIMを使っていてドコモなどキャリアの制限サービスが利用できない場合は、
アプリを使って子供のスマホ利用時間を制限しましょう。

ゲーム感覚でスマホ利用を制限

iPhoneのスクリーンタイムは単にスマホ利用を制限するだけですが、
スマホ利用を制限するアプリの中にはゲーム感覚で楽しめるものもあるんです。

例えば設定した時間内に一切スマホを触らなければ、
魚や植物など画面内のキャラが成長したり、画面内の島や街が発展したりします。

設定した時間内にスマホを触ると成長や発展がリセットされてしまいますから、
キャラを成長させたり街などを発展させるようなゲームが好きな子供にはうってつけです。

これなら楽しんでスマホの利用制限ができますし、
友達を巻き込めば「スマホを使わないこと」が遊びにもなります。

他にも、設定した時間内にスマホを触らないとAmazonギフト券と交換できるポイントが
貰えるようなアプリなんかもあります。

数時間程度の利用制限だと大したポイント数にはなりませんが、1か月2か月と
継続することである程度の金額のギフト券と交換できるポイント数になります。

スマホの利用制限がAmazonギフト券という実益に繋がるのであれば、
子供のスマホの利用制限に対する取り組み方も変わってくるんじゃないでしょうか。
(私自身がこのアプリを使いたいぐらい)

中学生のスマホ利用は何時間ぐらいに制限したら良い?

スマホを預かるにしても、制限サービスやアプリを使うにしても、中学生の子供の
スマホ利用時間をどのぐらいに制限したら良いか具体的に知りたいですよね。

中学生に必要な睡眠時間は8時間ぐらいですから、
朝7時に起床とすると夜11時には就寝することになります。

部活が終わって帰宅すると夜6時7時ですから、
そこから夕飯を食べてお風呂に入ると午後8時を回ってしまいます。

午後11時に就寝するので、
平日に中学生が自宅で自由に使える時間が3時間弱ってところなんですね。

その3時間弱で宿題や翌日の授業の予習などもしないといけませんから、
本当の自由時間は1時間30分から2時間程度です。

自宅での自由時間を全てスマホに費やすのは不健全ですから、
平日に自宅で中学生がスマホを使える時間は「1時間」ぐらいが理想です。

休日は部活や習い事との兼ね合いにもなりますが、
せいぜい2~3時間もスマホが使えれば十分なんじゃないでしょうか。

私が中学生の頃は「ゲームは1日1時間」と親に言われてましたし、自分が子供の頃に
親からTVゲームなどを制限されたのと同じような感覚で考えてあげると良いですよ。

まとめ

 ・必要時以外は親がスマホを預かるのが一番確実
 ・親がスマホを預かる場合は子供と一緒に罰則付きのルールを決めておく
 ・制限サービスやアプリを利用する場合は、子供が簡単に解除できないようにする
 ・中学生の1日のスマホ利用時間は平日は1時間、休日は2~3時間が妥当