スマホで通話中に相手の声が聞こえない時はどうすれば良い?

インターネット接続、音楽・動画の再生、ゲームなど様々なことができるスマホですが、
スマホに欠かせない主要機能と言えば「通話」ですよね。

最近はLINEなどで連絡を取ることも多く、
スマホで通話する機会が減っているかもしれません。

しかし通話する機会が減っていると言っても、スマホで通話した時に
「相手の声が聞こえない」といったトラブルが発生すると困ってしまいます。

実は私も以前にスマホで通話していて相手の声が聞こえなかったり
聞こえにくかったりして、キャリアのサービスセンターに問い合わせたことがあります。

そこでスマホの通話で相手の声が聞こえなかったり、反対に相手に自分の声が
聞こえなかったりするトラブルの原因と対処法などについて詳しく見ていきましょう。

スマホの通話で相手や自分の声が聞こえない原因

スマホで通話した時に相手の声が聞こえなかったり、
相手に自分の声が聞こえなかったりする原因としては
 ・スマホの不具合
 ・電波状況
 ・イヤホンジャックの誤作動
 ・スマホの設定
 ・スマホの持ち方
などが考えられます。

通話中に相手の声が聞こえないとどうしてもスマホが故障したと思ってしまいますし、
中にはそれをきっかけに機種変更するといった人も居るかもしれません。

確かにスマホの故障によって通話にトラブルが発生することもありますが、
故障ではなくスマホを買い替える必要が無いケースも結構多いんですね。

私がキャリアのサービスセンターに問い合わせた時に聞いた話だと、スマホの
通話トラブルでは故障が原因となっていることの方が少ないぐらいなんだそうです。

スマホの不具合

スマホの通話で相手の声が聞こえない原因としてまず考えられるのが
「スマホの不具合」ですが、不具合=故障と思っている人も多いじゃないでしょうか。

もちろん故障に繋がる重大な不具合もあるものの、
スマホがスムーズに動かなくなる故障には繋がらないちょっとした不具合もあります。

例えばスマホの電源を入れっぱなしにしていると、
内部にインターネットやアプリを使った時の不要なデータが溜まっていきます。

その内部に溜まった不要なデータがスマホにちょっとした不具合を引き起こして、
インターネットに繋がりにくくなったり、アプリが起動しにくくなったりします。

そのちょっとした不具合の影響が通話機能に及ぶことで、スマホでの通話中に
相手の声が聞こえなかったり、反対に自分の声が相手に聞こえなかったりするわけです。

ちなみに私が最初にスマホの通話で相手の声が聞こえなくなった原因は、
この電源を入れっぱなしにしたことによるちょっとした不具合でした。

電波状況

スマホで電話をかけた自分もしくは電話を受けた相手の電波状況を良くなくて、
互いの声が聞こえなくなっているといったことも考えられます。

でも普通はスマホで電話をかける時は画面で電波状況を確認するので、相手の声が
聞こえないのは電波状況が良くないからっていうのはちょっと考えにくいですよね。

しかしスマホの画面に表示されてるアンテナは、現在スマホが基地局からの電波を
どのぐらい「受信」しているかを示しているにすぎないんです。

通話する際にはスマホと基地局の間で電波のやり取りを行いますから、
基地局からの電波をどのぐらい受信できているかも重要ですが、
こちらの電波が基地局にどのぐらい届いているかも重要です。

スマホの画面ではこちらの電波が基地局にどのぐらい届いているかは
確認できないので、アンテナが4本立っていてもこちらの電波が基地局に
あまり届いていないってこともあるわけです。

ただ、自分の声は相手に聞こえていて相手の声が自分に聞こえない場合は、
電波が入りやすいけど飛びにくい場所に相手が居る可能性もありますね。

イヤホンジャックの誤作動

スマホのイヤホンジャックが誤作動して、イヤホンが挿さってないのに挿さってるように
認識されることで通話で相手の声が聞こえなくなることがあります。

ガラケーだとイヤホンジャックにほこりが入らないようにカバーが付いていることも
ありましたが、スマホだと基本的にイヤホンジャックにはカバーは付いていません。

そこでイヤホンジャックピアスというアクセサリーを付けて、
イヤホンジャックにほこりが入らないようにしているなんてケースも多いと思います。

このイヤホンジャックピアスとイヤホンを頻繁に挿し替えていると、
イヤホンジャックピアスを挿しているのにイヤホンを挿していると
スマホが間違って認識してしまうことがあるんです。

イヤホンが挿さっているとスマホは音声出力をイヤホン側に切り替えてしまうので、
イヤホンが挿さっていると間違って認識されると通話で相手の声が聞こえなくなって
しまうわけです。

イヤホンジャックが誤作動しているかどうかは見分ける方法を、
キャリアショップの人に教えてもらいました。

通話をスピーカーに切り替えると相手の声が聞こえて、
通常の通話に戻すと相手の声が聞こえなくなるといった場合には
イヤホンジャックが誤作動している可能性が高いそうですよ。

スマホの設定

スマホで通話している時に画面を見てみると、
「ミュート」というボタンが表示されています。

このミュート機能がONになっていると、相手の声は自分に聞こえますが、
通話中の自分の声が相手に聞こえなくなるんです。

本来はくしゃみなどの意図しない騒音などが発生した時に相手に聞かせないようにする
機能ですが、知らない内にONになっていることで通話トラブルになってしまうわけです。

普通はスマホを耳に当てて通話している時は画面が表示されないようになっているので、
通話中に間違ってミュートボタンを押してしまう可能性は低いです。

ただ電話を受けてから耳に当てるまでや通話中にスマホを耳から離した時などに、
間違ってミュートボタンを押してしまう可能性はありますね。

もしスマホで通話中に相手に自分の声が聞こえなくなった場合は、
スマホ画面でミュート機能がONになっていないかをチェックしましょう。

ちょっとした不具合で、
画面表示ではOFFなのに実際にはミュート機能がONになっていることもあります。

なので画面表示ではミュート機能がOFFになっていても、
一度ONにしてからOFFに切り替えてみると良いですよ。

ちなみに通話中にミュートにするとこちらが発する声や音は相手には
一切聞こえなくなるので、相手は電話が切れたと勘違いされる恐れがあります。

ですから電話を一旦保留にする場合は、
相手に保留していることが分かる保留機能を使った方が良いですよ。

スマホの持ち方

通話する時のスマホの持ち方は人それぞれですが、
スマホの持ち方によってこちらの声が相手に聞こえにくくなることがあります。

ガラケーやスマホでも古い機種だと本体の前面下部、ガラケーやスマホを耳に当てると
ちょうど口の近くに来る部分にマイクが付いていたりします。

ところが最近のスマホは本体の前面下部じゃなくて、
底面(充電ケーブルの差込口の横)にマイクが付いている場合がほとんどです。

そのため通話の時に底面を小指で支えるような形でスマホを持っていると、小指で
マイクを塞いでしまって相手に自分の声が聞こえなくくなってしまうことがあります。

またスマホの画面が汚れるのを防ぐために、スマホを耳だけにつけて頬から離すような
形で持っていると、マイクと口の距離が離れて自分の声が相手に聞こえにくくなります。

ですから自分のスマホのマイク位置をしっかりと確認して、通話する際はマイクを
塞いだり、マイクから口が離れすぎないようスマホの持ち方に注意しましょう。

余談ですが、
私はガラケーの時からのクセで頬から離すような形でスマホを持ってしまうんですよね。

それで、スマホで通話中に相手に「電話が遠い」とか「声が聞こえにくい」と
言われることがよくあります。

スマホケースがマイクを塞ぐこともある

私はかえってかさ張るので使っていませんが、
落下などの衝撃からスマホを守るためにスマホケースを使っている人も多いですよね。

そのスマホケースを付けていることでスマホのマイクが塞がってしまって、
通話中に自分の声が相手に聞こえなくなることもあります。

スマホの機種に合ったスマホケースであれば、ちゃんとマイクを塞がないデザインに
なっているので、通話中に自分の声が相手に聞こえなくなることはありません。

ところが機種に合っていないスマホケースを使っていると、
スマホケースがスマホのマイクを塞いでしまうことがあるんです。

なのでスマホケースを使う時は、
全機種対応のものなど必ず機種に合ったものを使うようにしましょう。

スマホの通話で相手や自分の声が聞こえない場合の対処法

スマホでの通話中に相手の声が聞こえなくなったり、反対に相手に自分の声が
聞こえなくなったりした場合は、まずスマホを再起動してみましょう。

再起動することでスマホ内部に溜まった不要なデータが消去されて、
ちょっとした不具合が改善されます。

通話中に相手の声や自分の声が聞こえない原因がスマホのちょっとした不具合の
場合は、スマホを再起動することで改善されます。

通話中に声が聞こえない場合だけじゃなくて、通信速度が通常よりかなり遅い場合や
アプリの動作がスムーズじゃない場合などもスマホを再起動してみると良いですよ。

実際に私がスマホでの通話中に相手の声が聞こえなくなった時には、
スマホを再起動することで相手の声が聞こえるようになりました。

キャリアショップの人に聞いた話では、やはりスマホの電源を入れっぱなしにするのは
あまり良くないとのことです。

毎日は言わないけど、1週間に1度など定期的に再起動するなどスマホの電源を
入れ直した方が良いみたいですね。

通話する場所を変える

電波状況が良くなくて相手や自分の声が聞こえなくなっている場合には、
通話する場所を変えましょう。

ただスマホ画面のアンテナ表示だけだと、
こちらが発信した電波が基地局にちゃんと届いているかまでは分かりません。

ですからスマホの通話中に相手の声が聞こえないとか相手に自分の声が聞こえて
いないような場合には、とりあえず場所を移動してみると良いかもしれないですね。

携帯電話が普及し始めた頃のように、
建物の中だと繋がりにくいといったことは無いですし、
建物など障害物にぶつかることで電波が減衰するといったこともあまりありません。

とは言え多少は建物など障害物がスマホの電波に影響することもあるので、
建物の外に出たり、周りに大きな建物などが無い場所に移動するのも1つの方法です。

ちなみに私はガラケーを長く使っていたこともあって、
通話中に相手の声が聞こえにくい場合にはすぐ建物の外に出てしまいます。

イヤホンジャックの掃除

イヤホンを挿してないのにイヤホンが挿さっているとスマホに認識されて通話中に
相手の声が聞こえない場合は、イヤホンジャックを掃除します。

イヤホンやイヤホンジャックピアスを抜き挿ししている内に、
イヤホンジャック内部にほこりが入ってしまい、
そのほこりがイヤホンジャックの誤作動を引き起こすことがあります。

実際に私はスマホにイヤホンを挿しているのにイヤホンが認識されないことが
あった時に、パソコン用のエアダスターでスマホのイヤホンジャックを掃除してみました。

そうすると細かいほこりが出てきて、その後にイヤホンを挿すと普通に認識されたので、
イヤホンジャックの誤作動には掃除が有効ですよ。

ちなみにイヤホンジャックを掃除するのに、こより状にしたティッシュや細い綿棒を
使うより私のようにエアダスターを使った方が良いと思います。

ティッシュや綿棒だとほこりを奥に押し込んでしまうこともありますし、ティッシュや綿棒の
欠片がイヤホンジャックの内部に残って新たな不具合の原因となる恐れもあります。

なので何かでほこりをかき出すよりは、
エアダスターで吹き飛ばす方が安全にイヤホンジャック内を掃除できると思います。

ノイズキャンセラーをOFFにする

スマホの機種によっては「ノイズキャンセラー」が原因で、
通話中の相手の声が聞こえにくくなっている場合があります。

ノイズキャンセラーは、通話中に周辺の雑音をマイクが拾わないようにして、
自分と通話相手の双方が声を聞き取りやすくするという便利な機能です。

ところがこのノイズキャンセラーの機能によって肝心の通話音声まで小さくなってしまい、
自分や相手の声が聞こえにくくなってしまうことがあるんです。

ですからノイズキャンセラーがONになっている場合は、
OFFにすることで通話中の相手の声が聞き取りやすくなる可能性があります。

反対にノイズキャンセラーがOFFになっていることで、周辺の雑音をマイクが拾って、
自分や相手の声が聞こえにくくなっていることも考えられます。

なのでノイズキャンセラーがOFFになっている場合は、
ONにすると自分や相手の声が聞き取りやすくなるかもしれません。

まとめ

 ・スマホで通話中に相手や自分の声が聞こえなくなる原因としては
  ・スマホの不具合
  ・電波状況
  ・イヤホンジャックの誤作動
  ・スマホの設定
  ・スマホの持ち方
  などが考えられる
 ・通話中に相手や自分の声が聞こえない場合はとりあえずスマホを再起動
 ・ノイズキャンセラーが通話音声が聞こえない原因になることもある